400文字ショートショート「爆風スマホ」

歩きスマホが大きな社会問題となっている。これを撲滅すべく、経産省は莫大な国家予算を投じて画期的なスマホを開発。その名も「爆風スマホ」。歩きスマホをして1分経つと画面から爆風が噴きだし、強制的に顔を上げさせられるのだ。国からの通達で、全メーカーのスマホにこの機能が搭載されることとなった。
しかし、「つけまつげが飛んだ」とか「カツラが飛んだ」などの苦情が国民から相次いだ。さらに、某テレビ局のバラエティー番組で、タレントに対する罰ゲームに爆風機能が使われ、さらにそれを小学生がマネをし始めて、PTAが問題視したことから、爆風スマホは廃止になった。
その代わりに、1分以上歩きスマホをすると、坂本九の「上を向いて歩こう」が流れる機能が搭載された。これには「九ちゃんの歌声に癒される」「とても元気が出る」など大好評。
そして海外ではこの機能を搭載した日本製のスマホを「スキヤキ」と呼ぶようになった。

作品を読んでいただきありがとうございました!

バズーカしげぞうの作品は以下のサイトで公開しています!

Follow me!