今日のショートコントは「トタン屋根の修理」です。1分5秒です。
先日、ショートコントを今流行りのインスタグラムにも
アップロードしようと思って色々調べたのですが、
動画は1分までという規定があるんですね。
今ストックしているネタは、全て1分超えているので、
残念ながらインスタにあげることはできません。
時代が進むにつれて、お笑いの一つのネタの時間は、
どんどん短くなっているみたいです。
江戸時代に生まれた落語は、
長いものだと1時間を超えるものがあります。
第一次漫才ブームだった1980年代に
テレビで披露されていた漫才、
コントのネタ時間は、
だいたい10分くらい。今は3分くらいでしょうか。
1分でオチまで持っていくネタ作り。非常に難しいですが、
一方でとても意欲をそそられます。ドラゴンボールの悟空のセリフを借りて今の気分を表現します。
「オラ、ワクワクして来たぞ!」