僕の大好きな「どぶろっく」のお二人が、

広島ガスの「ガス展」でステージをするというので、

見に行ってきました。ちなみに我が家の三姉妹を誘ったのですが、

誰も付いてきてくれませんでした。

みんな数年前は

「♪もしかしてだけど〜」

を楽しそうに歌っていたのになー。

客席にはお子さんづれの家族も多いのに、

1曲目がいきなり「魅惑のパンティライン」で、

思いっきりトンがった攻めた選曲に、度肝を抜かれました!

どぶろっくの前には仮面ライダーショーをやっていて、

そのまま見ていたご家族も多かったのでしょう。

慌てて子どもの手を引いて出て行く若いママさんがいまして、

その姿を見て笑ってしまいました。

その後、大ヒット曲(ネタ?)の、

「もしかしてだけど」

「○○な女」

の他、

「僕なりのプロポーズ」

や、この日ために作ってきたという、

「広島ガスさんの歌」

をマジメに歌われていました。

そして、

キテレツ大百科のエンディングテーマ「はじめてのチュウ」、

アルプスの少女ハイジのエンディングテーマのコピー(?)も、

披露されました。

個人的には「魅惑のパンティライン」を、

生で聞けたのが、とても嬉しかったです。

しかし、一歩間違えればクレームがつきそうな下ネタソングを織り交ぜながらも、

お年寄り、家族連れでも笑って楽しめるステージにされる実力は、

さすがだと思いました。

どぶろっくには、個人的な思い出がありまして…

2009年頃、僕は経営コンサルタントをしていたのですが、

(あー! お笑いやりたい! やりたくてタマらん!)

という抑えきれない想いに苦しめられていました。

当時は、そんなこと言ったら、

妻や仕事先の人に怒られると思っていましたからね。

当時は頻繁に東京や大阪に出張してまして、

仕事が終わった後、

こっそりお笑いのライブを見に行っていました。

 

あれは2009年から2010年にかけての寒い時期だったお思うのですが、

東京出張の仕事が終わった後、

下北沢で開催された、

浅井企画の若手芸人のライブを見に行きました。

50人も入れば超満員という感じの、

狭い劇場でした。

キャイーンの天野さんが司会で、

見たことない芸人さんたちが次々と出てきて、

漫才やコントを披露していきます。

その中に「どぶろっく」がいました。

今のような歌ネタではなくて、

コントをしていました。

その内容が超ド下ネタで、

30数名のお客さんはみんな引いていました。

確か、こんな内容のコントでした。

2人とも高校生か中学生の役で、

江口さんが森さんの家に遊びに行き、

「おい、お前の母ちゃんと●●させてくれ」

「お前バカか! あんなおばさんと!?」

というやりとりが続きます。

 

僕はその時のどぶろっくのネタを見て、

(片方の人はハゲててかなり年もいってそうだし、

こんなネタしてて、大丈夫なんだろうか。

この人たちが陽の目を見ることはないだろうな)

と、思いました。

しかし、それから1年もしないうちに、

「もしかしてだけど」

でブレイクした時は、

本当にビックリしました。

何か、大きな方向転換をされるきっかけがあったんでしょうね。

 

それから僕もコメディアンとしての活動を始め、

来年で8年目に突入します。

悩んだり凹んだりすることもありますが、

どぶろっくのお二人の活躍には、

いつも元気付けられます。

僕も少しでも近づけるように、

自分のパフォーマンスを磨いて行きます!