産業能率大学 通信教育課程 校友会広島支部のみなさん

からお招きいただき、講師を努めさせていただきました、

「しくじり人生から学ぶ幸せのカタチ」
~事業の失敗とうつ病主夫の立ち直りと生き様~

無事に終了しました!

3時間という長丁場で、

間が持つかな・・・と心配でしたが、

途中、一人コントのネタを挟みながら、

なんとか終えることができました。

終わった後、

「あっという間の3時間で楽しかった」

と言っていただき、本当に嬉しかったです。

 

ミッション:3時間、一人も居眠りする人を出さずに終われるか…!?

今回は3時間も時間をいただき、

僕が喋りっぱなしでは絶対に面白くなく、

飽きて眠りの世界に入られる方も多いだろうと考えました。

そこで、受講生のみなさんに興味を持っていただくために、

発表内容を全20問のクイズ形式にさせていただきました。

そして、一番多く正解された方には、豪華賞品をプレゼントしました!

 

ちなみに、こんな問題を出題しました。

Q1:2010年1月、私はある出来事を通じて、「これはうつだな」と感じました。その出来事とは?

①太宰治の『二十世紀旗手』ように  「生まれて、すいません」という気持ちになった。

②カフカの『変身』のように、  朝起きたら毒虫にはなってなかったが、体が動かなかった。

③夏目漱石の『我輩は猫である』のように、  「我輩は猫である」と思った。

Q2:鬱になった原因を自己分析した結果4つの結論に達しました。それぞれ空欄に入る言葉は?

①疲労の蓄積 (休まない、寝ない、ボーッとしない)

②『         』=自分の全てだと勘違いしていた

③『         』を生きない

④『         』を言わない

Q12.バズーカしげぞうが鬱を克服するきっかけとなった、ドラマの原作にもなった作品は?

①「逃げるは恥だが役に立つ」

②「半沢直樹」(原作名「オレたち花のバブル組」)

③「嫌われる勇気」

Q16.僕が主夫になって痛感したこととは?

①「  」の気持ち。(喜びと虚しさ)

②「     」するシニアの奥様の気持ち

③「     」の可愛さ、一緒に過ごす楽しさ

Q17.バズーカ流・男目線で家事を楽しむコツとは?

①料理・・・「      」を作る感覚でやると楽しい!

②洗濯・・・テレビゲームの「      」の感覚でやると充実感がある!

③家事全般・・・学生時代の「     」の感覚でやると燃える!

 

と、このように楽しくてちょっ笑ってしまうようなクイズをしながら、

鬱と主夫業について話をさせてもらいました。

ちょっとコマーシャルさせてください!

もし「バズーカしげぞうの、鬱と主夫業のセミナーを聞いてみたい」

という方がいらっしゃったら、

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォームはこちら

電話 080−4155−8797

メール bobnishi*1gmail.com

*を@に変換してメールして下さい。

最後に、産業能率大学 広島校友会の皆さん、ありがとうございました!

2013年から僕なりに鬱と付き合ってきて、

試行錯誤を繰り返して克服することができました。

広島校友会さんから今回のオファーをいただき、

改めて経験を振り返って整理し、

まとめて発表する機会をいただき、

本当にありがたかったです。

角田さんをはじめとする、

産業能率大学・広島校友会のみなさん、

本当にありがとうございました!