昨日(8月1日)の昼下がり、

僕の携帯に知らない番号から着信がありました。

(・・・またSEO業者か何かの営業電話かな?)

と思って出ると、

「あの・・・ホームページを見てお電話したんですけど・・・

いきなりこんなことをお願いするのは失礼だと思うんですけど・・・」

(やっぱり営業電話じゃわ)

と思ってたら、

「・・・私、どうしても・・・」

の後、数秒の沈黙があり、

「・・・漫才がしたいです!」

とっさに僕は、

(これはスラムダンクのあの名場面を再現するチャンスだな!)

と思い、

「・・・最後まで希望をすてちゃいかん。

・・・あきらめたら、そこで試合終了だよ」

と安西先生の名セリフを申し上げて、

静かに電話を切りました。

 

・・・というのは冗談で、

一通りお話をお聞きして、

一度お会いしてじっくりお話しする約束をしました。

 

僕と全く面識のないその方(大人の方です)は、

「どうしても漫才がしてみたい」

という思いを持ちながら、

相談する相手が見つからずに困っておられたそうです。

で、たまたまこのホームページを見つけて、

連絡を下さったそうです。

 

心のどこかで、

(俺、芸人やってる、

ラジオコントとかやってるって言っても、

身内しか知らないじゃん・・・)

という思いがあったので、

全く知らない方に見ていただけていたことを知り、

本当にうれしかったです。

 

僕も、

「・・・お笑いが、したいです!」

という思いが抑えきれなくて、

36才からジャンボ衣笠師匠の門を叩いたので、

この方の気持ちは良く分かります。

スラムダンクの三井寿がバスケを愛してやまないように、

漫才やコントを愛して止まない、

ちょっと変わった人も世の中にはいるんですよね!(^^)

 

 

その方の「漫才がしたい」という思いに

僕がどこまで応えることができるか分かりませんが、

今日、これからお会いしてきます(^^♪

DSC00366

ジャンボ衣笠師匠とコンビを組ませてもらった頃の写真です。