結婚して以来、

14年間に渡って我が家の食生活を支くれた、

冷蔵庫くんとお別れの日がやってきました。

IMG_1395

もうこんな色の冷蔵庫は売ってないそうです

このパステルなブルー、

そして富士通製の冷蔵庫って、

今はもう売ってないそうで、

電気店の店員さんに、

「え? 富士通製? 富士通が冷蔵庫作ってましたっけ? マジで?」

と言われたくらい、今となっては年代物の冷蔵庫くんでした。

 

娘たちは冷蔵庫くんに感謝状を書いてくれました。

IMG_1392

子どもたちが書いてくれた冷蔵庫への感謝状

親バカで恐縮ですが、

思いやりがあってユニークな子に育ってくれたな、

と感激しました。

「そうだ、君たちはこの冷蔵庫のおかげで、

そこまで大きく育つことが出来たんだよ」

 

家電を買いかえる時って、

普通はワクワクすると思うのですが、

僕は朝から寂しい気持ちでいっぱいでした。

だって、この冷蔵庫には新婚時代から、

たくさんの思い出が詰まっているから・・・。

 

新婚時代は2人きりの生活にはこの冷蔵庫は大きく、

中がスカスカでした。

当時は仕事も収入も少なくて、大変でした。

少しずつ収入が増えて、

冷蔵庫にビールがある時はうれしかったな~(笑)

 

そのうち子どもが生まれて、

中身もだんだん増えてきて、

食べ物だけでなく、

熱出た時用の熱さまシート、

お医者さんでもらった薬なども入るようになりました。

 

3人の娘たちが、

それぞれ生まれてから少しずつ成長して、

一番下の冷凍庫、真ん中の野菜室、一番高いの冷蔵庫と、

下から順番に冷蔵庫のドアを開けられるようになると、

それだけで感動したものです。

 

「私のアイス、誰が勝手に食べたん!」

と娘たちがケンカし、

その争いに時々、妻もガチで参戦したことも、

とても良い思い出です。

 

4年前から主夫になり、

料理の楽しさ、お菓子作りの楽しさを知る過程を、

サポートしてくれたのも、

この冷蔵庫くんでした。

 

 

 

昼過ぎ、電気屋さんが新しい冷蔵庫を持ってきました。

運送屋さんが冷蔵庫くんを家から運び出そうとした時、

「やっぱりキャンセルします!

その冷蔵庫を持って行くのはやめてください!」

と言いたい気分をグッとこらえて、

見送りました。

 

IMG_1396

さよなら、冷蔵庫くん(14)・・・

 

-----------------------

人はよく、

「変わりたい!」

と思ったり、言ったりします。

僕もよく、

「今の自分じゃイヤだ! 変わりたい!」

と思ってきたし、

変わるためにいろんなことをやってきました。

 

でもなかなか変われず、

その原因を自分の心の中にある、

「勇気のなさ」

とか、

「不安」

とか、

「恐怖」

といった、

どちらかというとネガティブな感情に求めてきましたが、

実は、

「愛着」

とか、

「愛情」

といった感情も、

自分を変えられない原因になっているんだな、

と、今回の冷蔵庫買い替えの件で感じました。

「自分が変われない原因に愛着とか愛情があると仮定するなら、

変われないダメな自分に愛情を注いでやってもいいんじゃないか?」

などという、よく分からない理屈が頭をよぎりました。

 

『愛着、愛情があるから手放せない』

それは醜くもあり、愛おしくもある、

人間のサガなんだと思います。

そしてこのサガに、

今後も振り回されまくって、

僕は生きて行くことでしょう。

-----------------------

冷蔵庫くんが積まれたトラックが、

「♪ドナドナド~ナ~、ド~ナ~♪」

と走り去った後、

「・・・彼(冷蔵庫くん)は、この後どうなるんだろう・・・」

と、独りごちると、妻は、

「さあ、だいぶ古いし、廃棄処分じゃない?」

と、あっさりと言い放ち、

うれしそうにニコニコしながら、

新しい冷蔵庫に、食材を入れていました。

鼻水をすすりながらそれを手伝っていると、

妻があきれて言いました。

「あんた、冷蔵庫でこれだけ落ち込んで!

子どもたちが嫁ぐ時はどうなるんよ!」

「多分、立っとれんと思う」